4足のワラジをフリップ・フロップ!NY・ドリーマー便り

nypoker.exblog.jp
ブログトップ

フランスへ、一人旅行♪

d0143848_6482537.jpg

↑フランス行った時期が、丁度、ボジョレーヌーボーの出荷日でした。街の酒屋のウィンドーはこの様に一辺倒。
d0143848_13352556.jpg

まず、ユーロが強かったので、何でもNYより高く感じました(其の頃、1ユーロ、US$1.3位)。
ビストロで普通のランチ食べても、US50ドル位。お腹は満足、でも財布は寂しくなり(悲
d0143848_642632.jpg

あと、一人で食事の場合、前菜とメインの2種類が限界なんで、少しずつの量を沢山の種類で食べるのが好きな私は、この旅の唯一の不満ではありました。
Ciが一緒だと、沢山の種類食べれるのになー、なんて(そういう理由から、彼をMissする私は不純かしらんw)。
下の写真は、Le Domeで頂いたサーディーン。外はパリっとしてていいー。でも骨がちょっと大きかったのが残念!
d0143848_6434025.jpg

身が小ぶりだったのですが、このムール貝のクリーム・サフランソース煮。。。流石、オふらんす。さりげない味付けで、見た目よりさっぱり。洗練されてました。
d0143848_6435740.jpg

パリで一人ご飯している人、必ず見かけまして。
隣に90歳近くのおばあちゃまがいらっしゃいまして。
お話したら、なんと、NYに昔(1950年代?)住んでらっしゃったようで。
フランス語的英語で聞き取りが大変でしたが、楽しくお話させてもらいました。

ホテルから徒歩2分、の、マルシェ(市場)で、チョコチョコ食いの為、散歩に。
d0143848_6543286.jpg

d0143848_654584.jpg

d0143848_12165730.jpg

d0143848_1315304.jpg

で、ホテルで試食w でも、総額$50位になっちゃいまして(悲。 
d0143848_6552699.jpg

パリのショーウインドーは、噂通り、何気ない物でも飾り方が素敵でした。以下の写真は夜の散歩中に。
d0143848_656979.jpg

d0143848_1282541.jpg

d0143848_1291358.jpg

完全に夜型行動w ジャズクラブ3連チャン、しました。
あるジャズクラブへの行き方を、偶然通りかかった、人の良さそうな男性に聞いたところ、なんと、彼がジャズ関係のプロモーターをされてて。
「一緒に回りましょうか」と、聞かれましたが、丁重に断り(モッタイナイなんておもってませんからネーw
彼のお気に入りのを、沢山教えて書いてもらい♪ 

とても、とても、素晴らしかった。。。。思い出すだけで、すぐまた訪れたくなるくらい。
フランス人の方が、本場であるニューヨークの人達よりも、ジャズへの思いが熱いんじゃないかな。熱い夜の連続でして。

まず、1軒目は、いわゆる「ブルー・ノート」的、歴史も深いジャズクラブ。ここでは、上品にジャズを味わうことが出来ました。
d0143848_6571496.jpg

2軒目。ここは、ジャズでもスイング中心。狭い地下の部屋で、10人位のビッグバンドに合わせて、100人位で皆踊る踊る。しかも、まだWeekdayですよ!沢山のダンサー達、ぶつかっても、他の人の汗が飛んできても(!)構わずに、とにかく踊りまくってました。
相手が居ない私は、見てるだけでした。けど、それでも、凄く、凄―く、楽しかったでーす。
フランス人は踊り、とてもお上手でした。
d0143848_658347.jpg

d0143848_12123929.jpg

3軒目。ここが旅のクライマックスとして、また凄かったのです!
夜10時あたりから、ボチボチ始まって、Midnight位から、いきなりアフロジャズに切り替わり、ボルテージが上がりまくり!
アフリカンダンスを以前、Djoniba Dance Schoolで2年ほど取ってました。
あのジンベ(アフリカンドラム)の音の誘惑に引かれ、、、& Morrocan?なダンサーの姉ちゃんに手を引かれて、ちょい踊ってしまいましたw 
旅の恥はかきすてだから良いよね、なんてw 
隣のフランス人&スペイン人達とも、会話が弾んで楽しかったー。

何せ、花嫁修業中だったので。
起きたら、ほぼ毎日、近くの公園でランニング。
美しいフランス人の女性が、なんと、、、ランニング仕様(?)の乳母車を押してランニング、に遭遇。
速度も、負けそうなくらい、はやい、はやいーー。フランス・ママン、強いネ!憧れますワ。

滞在ホテルは、ゆずれない条件を3つ挙げ、それを元に吟味。
d0143848_742767.jpg

まず、周囲にレストランが沢山あること。
地下鉄に近く、タクシーを使っても安く、何処にでも行ける治安の良い場所。
そして、一泊200ドル以下。

部屋が改装されたばかりの、こぎれいなホテルに滞在出来ました。
またスタッフ全員、英語が出来、とてもナイス&フレンドリー。
私は一番小さな部屋タイプに泊まりましたが、2人で泊まるには、Junior Suiteをお勧めします。

Lenox Montparnasse
15 rue Delambre 75014 Paris – France
Tél : + 33 (0)1 43 35 34 50 - Fax : +33 (0)1 43 20 46 64
hotel@lenoxmontparnasse.com
http://www.hotellenox.com/index.php?langue=uk

一人ご飯で最も美味しかったのは、不覚にも、「クレープ」。
だって、人目を気にせずに、食べれるんですもん。寂しさも感じないですし。
d0143848_6591559.jpg

あー、今もユーロ高すぎですね! ヨーロッパ旅行は当分行けそうにないです(悲
d0143848_1215826.jpg

[PR]
by nypoker | 2008-03-03 07:24 | 海外旅行