「ほっ」と。キャンペーン

4足のワラジをフリップ・フロップ!NY・ドリーマー便り

nypoker.exblog.jp
ブログトップ

プエルトリコ旅行(2)- What we ate

プエルトリコ名物の料理は、なんといっても「Mofongo」。Plantain(熟していない渋い味のバナナ)のフライに、グレービーソースがかかったもの。種類は、シュリンプを選択。$7、と安くて美味しかった。
d0143848_1125313.jpg

Ciは、ビーフシチューを選択。これもいけました。$8。
d0143848_1126372.jpg


次に、プエルトリコで一番のレストラン、と言われている、アルゼンチン料理「UMMO」。滞在中、2回通いました。
アペは、チーズとセラミのセット。
d0143848_11295777.jpg

色んな種類のお肉のステーキセット。ローズマリーとレモンでお肉の味がさっぱり。ブラッドソーセージとか珍しいのも入ってます。
d0143848_1129364.jpg

私の大好物のタマ-レ(Tamale)。ラテン諸国では道のVendorで売ってるファーストフードです。
d0143848_1146979.jpg

私の一番好きだったのが、チーズ焼き。ワインと合いまして、危険すぎ!
d0143848_11334923.jpg


オールドサンファンのスペイン料理屋。サングリアが強くって良かった!セビ-チェ、ムール貝をオーダー。
d0143848_1136386.jpg


最後に、シーフードのお店、「Marisqueria Miro」。ここは、評判の割りに普通でした。イカ墨ご飯は美味しかったけど、全体的には80点かな。
d0143848_11384733.jpg


プエルトリコ・ダイニングは、NYに比べて8割くらいの値段。お得感はありました。USドルがヨーロッパでも日本でも弱い中、プエルトリコは米人の財布にやさしい島と言えるでしょう☆
[PR]
by nypoker | 2009-05-06 11:47 | 海外旅行